先天梅毒症状・その他性病情報満載!しっかり予防!




先天梅毒など性病の情報が豊富なサイトはここ!予防方法ものってるからここを参考にして性病にかからないようにしよう。


ルナルナ★女性の医学

ルナルナ生理日予測
排卵日予測・基礎体温グラフや病気・避妊法・出産などの情報が満載!


Ask Moon

月経痛緩和方法
便利な生理日予測ツールで周期を把握!女性の医学サイト!


健康カラダ美人

妊娠初期症状
安全日・危険日・生理周期、生理が終わらない…等の悩み解決!


女性の悩みクリニック

生理痛・生理不順緩和方法
生理前症候群・生理痛悩みを解消☆妊娠中の注意点・確率も♪


オンナの性相談室

妊娠の兆候・避妊
知れば役立つ性の豆知識が満載!避妊・性病・妊娠がわかる!


◇先天梅毒
先天梅毒とは、先天性梅毒ともよばれ、梅毒スピロヘータが胎盤を経て母体から胎児に達しておこる伝染性疾患のことを指します。先天梅毒は、梅毒スピロヘータが胎盤を通過する妊娠16週から20週以前に母体の梅毒を十分に治療すれば、胎児への感染を予防できるようです。小児の先天梅毒は、発病時期によって4つの段階に分けられるそうです。(1)胎児梅毒 妊娠後期の胎児死亡の原因となるもので、肝脾腫、肺炎、皮膚症状をもったまま出生することになるようです。母親が梅毒を未治療の場合、約40%が胎児梅毒にかかってしまうようです。(2)乳児梅毒 出生時は正常にみえるようですが、生後3週間から3〜4か月で発症するそうです。全身症状は、栄養状態不良、顔面蒼白(そうはく)、不安および不機嫌で、場合によって発熱が現れるようです。皮膚症状は、びまん性皮膚浸潤で、皮膚は肥厚して弾力を失い、暗赤色となってしまいます。斑状丘疹が顔面から四肢に広がってしまい、淡紅色から暗赤色となってしまいます。水疱(天疱瘡)が現れることもあるようです。骨症状は、長管骨骨端部に骨膜炎や骨軟骨炎を引きおこし、X線検査では特徴的な像が高確率で現れるようです。内臓には、肝脾腫やリンパ節腫脹(しゅちょう)が現れ、中枢神経系に梅毒性髄膜炎、脳水腫、脳梅毒をおこすことがあります。(3)幼児再発梅毒 生後2〜4年の幼児期に現れる症状で、扁平コンジローム(扁平コンジローマ)と口腔粘膜白斑がみられるようです。(4)遅発梅毒 学童期(6〜8歳)以後現れる症状で、骨、目、中枢神経系に変化が現れるようです。実質性角膜炎、ハッチンソンHutchinson歯牙、内耳性聾の三症状は、従来ハッチンソンの三つの特徴として遅発梅毒の代表的症状とされているようです。



お問い合わせ

(C)先天梅毒症状・その他性病情報満載!しっかり予防!



先天梅毒症状・その他性病情報満載!しっかり予防!